ディスカウントクーポンの作成方法

いつもご購入くださる上位顧客様や会員様、期間限定施策をおこなう際に使用できる
「お客様にクーポンを発行する方法」を紹介します。

 

(管理画面にログイン)ディスカウント>コード>ディスカウントコードを作成する

コードの作成に入ります

 

<ディスカウントコード>

・任意の名前を入力し設定
分かりやすい名前を設定すれば、お客様がコード入力欄に手入力しやすいため、
スマホでメールを受信しPCで買い物をする人や、ディスカウントコードをコピーするという方法がわからない可能性のあるユーザー層がお客様の場合、利用してもらいやすい。
ただし簡単な名前の場合は、コードを知らない人でも適当に入力して使用できるということが考えられるため、よりコードの扱いを厳重にしたい際には注意が必要。

・「コードを生成する」から、自動生成
ランダムなアルファベットと数字の配列になるため、コードをコピーするという操作ができるユーザーであることが望ましい。また、複雑な配列のため、コードを知らない人からの利用は避けられる確率が高い。

 

<オプション>

「ディスカウントの種類」と「ディスカウントの価格」を選択します。
・割合/%
・定額/金額
・送料無料 ※設定できる条件が限られているので、適用要件の詳細を一度ご確認ください
・Buy X Get Y

この部分で何を選択するかによって、その後の入力画面が変わります。

 

【割合/%または、定額/金額を選んだ場合】

 

<以下に適用>

全体の注文…購入する商品の合計金額から割引
・選択したコレクション…指定したコレクションから商品が購入された場合に、対象商品のみ割引されます
(例:ブレスレット、ネックレス、リングというコレクションがあり、各コレクションから2点ずつ計6点購入。「選択したコレクション」でブレスレットを指定した場合、ブレスレット2 点だけが割引されます。)
・選択した商品…指定した商品を購入した場合のみ、その商品だけが割引されます。

 

<最低要件>

・なし
・最小購入額
・最低購入数量
※最低要件は、【適用した内容にのみ】適用されます。
(例:「選択したコレクション」「最小購入額」を選んだ場合、選択したコレクション内でいくらの購入額が買われた場合、クーポンが使用できるのか…という設定になります。)

 

<お客様のディスカウント条件>

・全員
・選択したお客様のグループ顧客管理画面からグループを作成し、そのグループに属する顧客だけがディスカウントを使用できるようにします。
・特定のお客様…お客様個人を指定します。

 

<使用制限>

・このディスカウントを合計で使用できる回数を制限する
・お客様1人につき1回

 

<有効期限>

開始日・開始時間を設定します。
(終了日の設定が必要な場合は、終了日・終了時間も指定します

 

 

【送料無料を選んだ場合】

※設定できる条件が限られているので、適用要件の詳細を一度ご確認ください

 

<Countries>

・All countries
・Specific countries

 

<SHIPPING RATES>

Exclude shipping rates over a certain amount(一定量を超える配送料を除外する)
※この部分に指定した金額以下の配送料の場合にのみ、送料無料が適用されます
(例:¥1,000と入力した場合、【1,000円以下の配送料に適用】されます。)

 

<最低要件>

・なし
・最小購入額
・最低購入数量
※最低要件は、【適用した内容にのみ】適用されます。
(例:「選択したコレクション」「最小購入額」を選んだ場合、選択したコレクション内でいくらの購入額が買われた場合、クーポンが使用できるのか…という設定になります。)

 

<お客様のディスカウント条件>

・全員
・選択したお客様のグループ顧客管理画面からグループを作成し、そのグループに属する顧客だけがディスカウントを使用できるようにします。
・特定のお客様…お客様個人を指定します。

 

<使用制限>

・このディスカウントを合計で使用できる回数を制限する
・お客様1人につき1回

 

<有効期限>

開始日・開始時間を設定します。
(終了日の設定が必要な場合は、終了日・終了時間も指定します)

 

【Buy X Get Y(Xを購入したら、Yを入手)を選んだ場合】

<顧客の購入内容>

※Buy X(Xを購入したら)の部分の要件を指定します
→「何を何個買ったら」という条件が出来上がります

・個数
・Any items from
(Specific collection(特定のコレクション)/Specific products(特定の商品)のどちらかを選びます)

 

<お客様のゲット>

※Get Y(Yを入手)の部分の要件を指定します
→「何を入手できる」という条件が出来上がります
・個数

・Any items from
(Specific collection(特定のコレクション)/Specific products(特定の商品)のどちらかを選びます)

 

<ディスカウント価格>

・Percentage…<お客様のゲット>で設定したアイテムが、ここで設定した割引価格で購入できます
・Free…<お客様のゲット>で設定したアイテムが、無料で手に入ります

 

<注文ごとに最大使用数を設定する>

Buy X Get Yのルールを1オーダーにつき何セット利用できるか?を指定します。
(例:「商品Aを2点購入で、商品Bを1点20%オフ」で設定し、最大使用数を「2」にした場合、1オーダーの中で使用できるこのルールは2回までとなります。)

※Get Yにあたる「Y」の商品もお客様ご自身でカートに入れる必要があります。
自動で注文情報にYが取り込まれる訳ではありません。

 

<お客様のディスカウント条件>

・全員
・選択したお客様のグループ顧客管理画面からグループを作成し、そのグループに属する顧客だけがディスカウントを使用できるようにします。
・特定のお客様…お客様個人を指定します。

 

<使用制限>

・このディスカウントを合計で使用できる回数を制限する
・お客様1人につき1回

 

<有効期限>

開始日・開始時間を設定します。
(終了日の設定が必要な場合は、終了日・終了時間も指定します)

 

まとめ

ディスカウントの条件により設定項目が異なりますので、間違いのないように設定画面の右側にある「Summary」で確認をしながら設定をおこないましょう。

今すぐshopifyを始める方はこちら
→ http://www.shopify.com/